肝斑、シミ取り治療は美容皮膚科クリニックで

院内設備・医療機器

肝斑治療

最適な肝斑治療は一般的なしみと見分けが肝心です

「確実に、迅速に、しみを取りたい」といったご希望に対しては、
ピーリングや外用薬、内用薬などを用いて、肝斑治療の環境を
整えることで最短の治療が可能です。 肝斑の発生原因やしみの深さ、
性質を分析し、お客様ひとりひとりに最適な施術をご提供しています。

からだの中にしみの原因が 肝斑は女性ホルモンが影響しています

肝斑とは、しみの一種で顔に淡褐色のしみが現れるものです。
日本人の皮膚にはこの肝斑が出来やすいと言われており、30〜40歳代の女性に多く見られます。 特徴は、額や頬、目尻や口の周りに左右対称にでき、地図のような形をしています。 更年期や経口避妊薬(ピル)を内服中、妊娠、出産時期に出来やすいものです。

しみと肝斑の違い

紫外線にあたると、肌を守るためにメラニンが生成される。これがしみのメカニズムです。 一方、肝斑は紫外線と女性ホルモンのバランスが影響してできるしみと言われています。
肝斑が発生しやすいのは30〜40歳代の女性で、症状が見られるのは50代後半くらいまで。 閉経とともに薄くなったり、消える傾向にあります。
肝斑は高齢者にはほとんど発症しないことから、からだの内側にも原因があると言われています。

  • 30〜40歳代になって突然しみが出来た
  • しみは頬骨や目尻や口に左右対称にある
  • しみの形は輪郭がはっきりせず、もやっとしている
  • 妊娠の経験がある、または経口避妊薬(ピル)を服用している
  • 日常、強いストレスを感じることが多い
  • 生理の周期や季節によって、しみが薄くなったり濃くなったりする
  • レーザー治療で悪化したことがある

肝斑の種類

肝斑は頬骨に沿って左右対称に広がってできる淡褐色のしみです。

難しい肝斑の治療は専門医のもとで肝斑は、他のしみと異なる特徴を持っているので、治療には十分な注意をしなければなりません。 一般的にしみ治療に行われるレーザー治療や光・高周波治療などは、肝斑を悪化させてしまう恐れがあります。 肝斑は紫外線によるしみと合併して発症していることも多く、カウンセリングで隠れた肝斑を見つけ出せず、他のしみに有効なレーザー治療を行った結果、色素沈着が強くなってしまったというケースも少なくありません。 知識・経験豊富な医師の診断のもと、適切な肝斑治療が必要です。

紫外線対策はしっかり

しみの治療と同様に、肝斑の治療には時間がかかります。治療を開始して徐々に肝斑が改善される見込みがあったとしても、紫外線対策を怠ってはいけません。 紫外線は肝斑の発症誘因であるだけでなく、新たな別のしみを引き起こしかねません。また、すでにある肝斑は紫外線にあたることで悪化してしまいます。天候、季節に関わらず、外出時には紫外線対策をしっかりしましょう。

美肌、アンチエイジ
ングの治療一覧

シミ取り治療詳細を見る

シミの発生原因、深さ、性質の診断に加え、肌年齢、保湿力等、お肌の状態を総>合的に把握し、症状に対して最適な治療方法で確実かつ、迅速に、シミ取り治療を行います。様々な>レーザー機器と体の内面からのアプローチを含め、総合的な美肌を実現します。

ニキビ治療詳細を見る

ニキビの症状を体の内面、外面からコントロールすることが重要です。各種光治>療器、PRP皮膚再生療法、グロスファクターメソスキン療法、ダーマローラー、プラセンタ療法、内服 薬、漢方薬など、様々な治療法を駆使してニキビを解消し、最終的にニキビができづらい体質へ変え>ていきます。

 

シワ・たるみ治療詳細を見る

サーマクールを始めとする様々なアンチエイジング機器と、ヒアルロン酸注入、>プラセンタ注射、フェイスリフト手術など、外科的、皮膚科的、内科的アプローチなど様々な治療方>法があります。カウンセリングなどで詳しく治療方法について確認し、希望にあった最適な治療方法>を選択しましょう。

毛穴の開き、黒ずみ治療

アファームマルチプレックスという最新のレーザー機器の照射による【お肌の生>まれ変わり】治療を始めとして、毛穴の開きや黒ずみといったお悩みを様々な美肌、若返りのアプロ>ーチによって解決することが出来ます。