わきが治療のクリニック

わきが治療

再発しない確実なわきが治療

わきがの程度を正確に診断し、軽い方には切らない治療を、重度
の方の場合にはより確実な方法を採用します。極力、身体への負
担を軽減した手技を用います。

わきが治療が人気の理由

再発しない、確実な結果

わきがは確実に解決できるものですが、原因となる汗腺を取り残すと解決に至りません。負担は小さくても、効果の弱い方法では再発してしまいますので、負担を極力小さくしつつも、確実に再発しない手技を用いている医院選びが重要です。

傷痕を可能な限り小さく、目立たなく

手技によって異なりますが、例えばローラーマイクロシェーバー法(RMS法)の場合で、傷痕は5ミリと非常に小さな傷痕で済むようになっています。切開手術を行った場合でも、傷痕を極力小さくする手術を用いている美容整形外科が多くなっていますので、大きな手術痕を残すということはほぼありません。

わきが手術のワンポイント

わきが手術を実施している美容整形外科の多くは、数多くの症例を積んできていますので、わきがを持たれている方のお悩みの深さは良く理解しています。極力1回の治療で確実に臭いをなくすような施術を行っている医院が多く、年々精度は高まっています。

勿論、何よりも大切なことは安全性です。切開手術は確実な方法ですが、皮膚の壊死、血腫といったリスクが少なからずあり、熟練した医師であれば重篤な結果を招くことはまずありませんが、それでも体への負担は小さくありません。
最近では、傷や負担の少ないローラーマイクロシェーバー法、マイクロシェービング法などを勧め、採用する医院が多いようですが、これは効果と負担のバランスが取れている方法だからといえます。

わきがは確実に治ります。お悩みを抱えている方は、是非一度美容整形外科に相談してみてはいかがでしょう。

わきが治療一覧

ローラーマイクロシェーバー法(RMS法)

5ミリの切開を行い、3ミリの小さな電動シェーバーで汗腺、毛根を除去していく方法です。様々な技術改良と進化を遂げる中で、高速で確実、身体の負担や安全面でも最もバランスが取れた高く評価できる手法です。

マイクロシェービング法(MS法)

1センチ程度の小さなわきがの治療用に開発されたカミソリを皮下に挿入し、汗腺を除去していく方法です。切開法よりは負担は小さくて済み、また汗を減らす効果が非常に高いので、多汗症の方には向いている手法となります。

切開法(直視下剪除法)

直接目で見て汗腺を一つ一つ除去していく方法で、最も確実な方法ですが、4~5センチを切開し汗腺を除去していくので、体への負担やリスクが最も大きな手法となります。医師の手術技量が最も問われる方法です。

レーザープラズマ法

切開せず、注射の先からレーザーを照射し、汗腺にダメージを与え失活させる方法です。傷跡が残らず、圧迫固定が不要というメリットがあります。少しの傷でも残したくない方、圧迫固定が不可能な場合にお勧めします。

ボトックス注射

ボトックスを注射することで、汗腺の働きを抑制し、多汗を抑え、わきがの臭いを軽減することが出来ます。発汗抑制は出来ますが、効果は弱いため、症状の非常に軽度な方の場合に検討します。